製缶・機械加工・マシニング加工・溶接|井上鉄工

技術紹介

マシニング加工 MACHINING

CADなどで制作した図面やデータを元に、機械(NCマシン)に製作プログラムを読み込ませ、マシン自身が座標位置を制御しながらプログラムどおりに切削して、加工する技術を言います。
材料の強度や歪み具合などの限界強度を見極めながら作業することが不可欠で、当社では熟練した技術者が加工を行っています。

製缶 PLATE WORKING

製缶とは、大雑把に言えば、鉄などの金属の板から、部品として複雑な形状をいくつも切り出し、それらを曲げて互いに溶接することで、立体的な構造物をつくりだす作業の事です。ボイラーやタンク容器の製造など缶状の金属容器をつくる作業をいいますが、厚鋼板、形鋼、鉄骨などを加工する作業も広い意味で製缶作業といわれます。

溶接 WELDING

溶接(welding)とは、金属の冶金的接合法の総称で1.融接 2.圧接 3.ろう接に大別されます。
1.融接は母材の接合部の温度を上げて溶融し溶接棒により溶融金属を供給して一体に接合する方法です。工業的に最もよく利用されているアーク溶接、ガス溶接などがこの融接に分類されます
2.圧接は接合する金属を半溶融状態にして、圧力を加えて一体に接合する方法です。抵抗溶接、スポット溶接がこの圧接に分類されます。
3.ろう接は接合する母材は溶融せず母材より低い融点の金属を溶融して接合する方法で、充填金属を「ろう」といいます。融点の高い「硬ろう」を用いる「ろう付け」と比較的融点の低い「軟ろう」を用いるハンダ付けとがあります。

加工中画像紹介 WORKING PHOTO

33Mコンクリートポンプ車
NO1リンク 加工中
ロボット溶接機
33Mコンクリートポンプ車
NO2リンク 加工中
4500×1200 ベッド 加工中

お問合せはこちら

井上鉄工にご用命の際は、まずはお問い合わせください。

メールでのお問い合わせ

メールフォームはこちら

お電話でのお問い合わせ

TEL:0795-85-0132 / IP Phone:050-3537-0935

PAGE TOP